イベント

休館日・イベントカレンダー

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
トレーニングルーム 無料開放と各種教室のご案内
トレーニングルーム 無料開放と各種教室のご案内
10月 14 全日
トレーニングルーム 無料開放と各種教室のご案内
10/14(月)の第36回大田区区民スポーツまつりで、トレーニングルームを無料開放いたします。 各種教室も実施いたします。皆様ぜひご参加ください。 参加費  無料 持ち物  運動できる服装と室内運動靴をお持ちください。 定員 各教室25名 受付開始時間 教室開始30分前から受付開始 ・カキラ(10:00〜10:45) 肋骨を中心とした関節を使うことにより身体の機能を高める エクササイズ。 身体・運動機能の改善効果あり。 ・ヒップホップ(11:00〜11:45) アップとダウンのリズムが基本で、大きく身体を使って動くヒップホップダンスを一緒に! ・エアロビクス(13:00〜13:45) かんたんなステップで軽快なリズムと共にみんなで楽しく エアロビクス! ・ボディシェイプ(14:00〜14:45) 自体重でできる筋トレで全身の筋肉を鍛えます! 正しいフォームで筋力アップ!
第36回大田区区民スポーツまつり
第36回大田区区民スポーツまつり
10月 14 全日
第36回大田区区民スポーツまつり
10/14(月)に第36回大田区区民スポーツまつりを開催いたします。 様々なイベント・体験教室のほか、お店やダーツゲームが出店されます! 皆様ぜひご参加ください。
15
16
17
18
アリーナ一般開放
アリーナ一般開放
10月 18 全日
アリーナ一般開放
10/18にアリーナを一般開放します。 一人でも気軽に参加できます。 種目は、卓球・バドミントンです。 ラケット・ボール・シャトルも無料貸出します。 運動のできる服装と室内シューズをお持ちください。
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

教室の日程や種類につきましては、
以下のPDFをご覧ください。

施設紹介

競技場(アリーナ)

観覧席がある広さ1,620㎡の体育館です。屋内球技のほか、卓球・剣道・柔道など様々な用途でご利用いただけます。

健康体育室

スポーツ以外にも使用可能な体育室です。親子体操やフラダンスなど人気のスポーツ教室も開催しています。

小ホール

講演会やピアノ演奏が可能なステージ付きの小ホールです。

ミーティングルーム

大会の控え室や打ち合せ、研修会などにご利用いただけます。有料でプロジェクターなど各種備品を貸し出ししています。

トレーニングルーム

375㎡の広々としたトレーニングルームで、有酸素系マシンや筋トレ系マシンなど豊富に取り扱っています。トレーナーが丁寧に指導しますので、初めての方でも安心してご利用できます。

施設の利用について

料金を確認する

各施設の利用料金は
以下よりご確認ください。

 

空き状況は、
うぐいすネットをご確認ください。

アクセス

大田区大森本町二丁目2番5号

電車でのアクセス

京急平和島駅より 徒歩5分
第一京浜を品川方面に400m程歩くと一つ目の信号『大森スポーツセンター前』表示の交差点(角に吉野家)があり、そこで第一京浜を横断。
そのまま真っすぐ歩くと右ななめ前方に建物がみえます。
※京急平和島駅には≪快速特急≫は止まりません。

バスでのアクセス

JR大森駅より
大森駅東口より京急バスのりばで
② 森ケ崎ゆき(大森海岸駅経由)
③ 大森東5丁目ゆき・羽田空港ゆき・羽田車庫ゆき
に乗り、大森神社で降りる(バス停5つ目・約6分)
国道から一本中に入った道(美原通り)沿いにあります。

車でのアクセス

【首都高速からの案内】
首都高速羽田線⇒鈴が森の出口を出て、第一京浜国道の交差点を左折し、蒲田方面に向かってください。六つ目の信号を左折するとすぐに交差点になっており、その右斜め前にあります。

【川崎方面からの案内】
第一京浜国道を品川方向に進んでください。環状七号線との立体交差を登り、降りきってから、最初の信号を右折するとすぐに交差点になっており、その右斜め前にあります。

【環状七号線からの案内】
(1) 世田谷・馬込方面からの利用者
① 第一京浜国道に向かって進んでください。第一京浜国道との立体交差をくぐって、最初の信号を左折し、次の信号の手前50m位の右側です。(車両通行止めの日があるのでご注意ください)
② 第一京浜国道に向かって進んでください。第一京浜国道との交差点を左折し側道を進んでください。すぐに見える平和島駅前の信号を越えて、最初の交差点を右折するとすぐに交差点になっており、その右斜め前にあります。

(2) 埋立地方面からの利用者
① 第一京浜国道に向かって進んでください。環状七号線との立体交差の手前の信号を右折し、次の信号の手前50m位の右側です。(車両通行止めの日があるのでご注意ください)